makとpenchanの保険、健康編 死亡保障

保険料を月に何万円もなんて、とても払えなかったときは、全労済で済ませていたのですが、30才になったこと、こどもが生まれたこと、などで再婚も前提にできなくなってきたこと、などで大々的に見直しました。

貯蓄性の保険は無駄だと思っていたのですが、終身タイプの死亡保障は最高でも1000万円なのですが、それなら、貯蓄率がとてもいいことがわかりました。もちろん万一後にもらうことが前提なのですが、残されたほうの老後の資金にできるので、掛け金を払う余裕があれば、かけとくといい保険だなぁと思いました。ただ長期になるので、破綻した場合とか、いろいろあると思われたので、15年(最短)で掛け金を払い込み、それ以降の解約なら元本割れしないようにしました。


死亡保障
保障内容
mak penchan
一時金+年金

1,000万円(C)
65才まで月20万円(D)
35万円(A)
住宅ローンを完済(F)

家の車での事故の場合、500万円(G)

------------------------------------------------------
国民年金・厚生年金から

+年128万くらい(遺族厚生年金: makの老齢厚生年金の額の4分の3相当額。再婚するまで)(Z)
+年80,4200円+231,400円(子供一人分)=1035,600円(遺族基礎年金 子供が18歳になるまで 子供の数に応じて定額)(Y)
+penに所得がない場合、母子家庭として「児童扶養手当制度」で、月41000円、年492000円(子供が18才になるまで) (W)
+年603,200円(遺族厚生年金の「中高齢の加算」 子供が18才をすぎたあと、penが再婚か死亡するまで。65才まで) (Z)

→子供が18になるまで年280万。18になってからpenが再婚か65になるまで年188万。

500万円(E)
35万円(B)

 

  加入保険 契約者 被保険者 掛け金 備考
A ひまわり生命 終身医療保険 ワハハ21(終身医療) mak mak 年払で71,505円 60才払済
B ひまわり生命 終身医療保険 ワハハ21(終身医療) pen pen 年払で78,071円 60才払済
C 東京海上あんしん生命 長割り終身 1000万円型(終身保障) mak mak 月払で34,660円 45才払済後には解約しても元本割れしない(624万円)けれど、長期預けておくまたは死亡時まで寝かせておけば、割がよい。
D 東京海上あんしん生命 家計保障定期 月20万円型(定期保障) mak mak 年払いで108,520円 60才払済、65才まで保障。掛け捨て。
E 東京海上あんしん生命 長割り終身 500万円型(終身保障) pen pen 月払で14,940円 45才払済後には解約しても元本割れしない(269万円)けれど、長期預けておくまたは死亡時まで寝かせておけば、割がよい。
F 住宅ローン設定時に加入した団体信用生命保険 mak mak   一括で払済
G ソニー損保アシスト特約 pen mak   車の任意保険の特約
W 自治体        
X 国民年金 mak   - 定額
Y 国民年金 pen   - 定額
Z 厚生年金 mak   給与天引 標準報酬月額は上限で計算

 

健康編 [医療保障 障害保障 死亡保障 60〜65歳の保障 65歳からの保障]

[くるま編 おうち編 こども編]

homekakei monthly count: 13