penchanとおうち > こども > 妊娠中期

 つらかったつわりが、少しづつよくなって、元気になってきました。おなかも大きくなってきて、ようやく外見でわかってもらえるようになって、ほっとしました。赤ちゃんがおなかの中で動くのがわかるようになって、不思議と、赤ちゃんに話しかけてる自分に気がつきました。

「妊娠初期」へ▲

●5ヶ月目(12月半ば):リハビリ

だんだんつわりがよくなって、一日のうち、気持ちの悪い時間が、だんだんと短く、数字間程度になっていきました。 ただ、10、11月と2ヶ月もねたきりになっていたので、下のような症状のリハビリに12月いっぱいかかりました。

つわり?ねたきり?の後遺症

・おしりと、ひざから下の足が、めだってやせた。クッションのないいすに座るとか、横向きにひざをまげて寝るとか、いたくてつらかった。
・しばらく立っていたり、起きあがると、脈拍が異常に早く波うち、頭がくらくらした。
・ひさしぶりに街に出てみると、音に酔った。

でも、半日は横になっていたけれど、ゆっくりと家事ができるまでに回復。家の中で動けるようになったので、makが休みの日には、近くへ数時間から半日出かけ、気分転換と足のリハビリ。こわかった階段やエスカレーターが、ほとんどこわくなくなった。

1999/12/20、赤ちゃんが動いたのに気づいた
なんだか、100円だまくらいの手のひらでボーンと押されたようなような瞬間や、手の位置を上から下に変えたかのように、つつつつ、というかぴりぴりぴりというか、くすぐったい感じ。たまには痛いときも。12/21は、精米機の音を聞いて、ける!ける!ける!

1999/12/24(犬の日)、定期検診、帯祝い
ひさしぶりに車を運転した。行きに道を間違えて、もどるときに車をへこませてしまった。やはりぼーっとしているよう。次回からは車はやめよう。

赤ちゃんは、元気。手が、指が5本、よっくひらいていて、キュートでした。背骨がすけて見えた。先生が、「これは胃袋だよ」と教えてくれた。体長は20cm、小さめだけどokだそう。前回したいろいろな検査も、問題なし。 入院の予約。

帯祝い、といっても、お医者さんのすすめで、犬の日に定期検診に行き、腹帯をまいてもらっただけだけど、ちょうどクリスマスだったので、がんばってショートケーキを焼いて、お祝い。 腹帯(さらし)は、数時間ほこらしげにつけてたのだけど、暑くて?かぶれてしまった・・・。

年末の数日(5ヶ月後半)
なんだかとてもおなかがすいて、1.5人分くらい食べられるようになった。お肉をふだんより多めに食べた。せっせと料理。このころのお楽しみは、ハーゲンダッツのアイスクリーム。週ごとに、先週より元気になったと実感する日々でした。

1月(妊娠6ヶ月)
かなり体が楽になってきた。よくおなかがすくようになり、とてもすくと、赤ちゃんがキックするので、妊娠前よりせっせと料理して食べる(添加物等の入っているものは、私自身食べられなかったのだけれど、makのほうが、ぜったい食べちゃだめ、とうるさいくらい)。体重も、順調に回復。食べられると、ずっと元気になる。
まだ、気持ちの悪いときもあるし、つかれやすくなってしまったけれど。日に日におなかがおおきくなっているようで、makは、おなかの皮がやぶけるんじゃないかと心配。だけど、これから4ヶ月で、赤ちゃんの身長は2倍になり、体重は5倍にも成長する予定。私も、心配。

ここぞとばかりに家中の模様替え。来月にはもう、体調に自信ないから、急がなくちゃ・・・。いろいろとたまっていた用事や、今のうちにすませてしまいたい用事で、なんだか急に忙しくなってしまった。といいつつ、すぐ疲れるので、一日8〜10時間は寝てました。

2000/1/13、赤ちゃんがごろんごろん動くようになった
おなかが一瞬、ふくれます。今までは、自分の中で感じてただけだけど、ついに手でさわってもわかるようになりました。おもしろすぎ・・・


このころの、makの家事のお手伝い
ごみ捨て係、牛乳係(週2回配達)、お風呂掃除係をしてくれました。休みの日に、ちょっと一緒に出かけてくれるのがうれしかったです。今くらいしか、体調的に遊びにいけそうにないから。

「妊娠後期」へ▼




home 目次へ

monthly count: 8