penchan.com
ソーイング
penchan 赤ちゃん服 新生児用肌着

 みんな、makのお母さんがせっせと縫って、刺繍してくれたものです。赤ちゃんはずいぶんと、汗をかくんだそうです。肌着は、着物のようなうちあわせになっていて、蝶結び2つで着替えられるようになっています。なるほど、赤ちゃんは頭が大きいし、寝たままの状態で着替えさせるから前開きなのね。

 5月末に産まれて、だんだん暑くなってきて、ようやく、下着1枚でころがしといてもいいんだ、と気づき、長下着1枚でいることが多くなりました。外出時には、このうえにベビードレスなどを着ました。

写真 写真 写真

綿ジャージ、長下着。

一番活躍した服でした。赤は男の子でも似合うものですね。

綿ジャージ、短下着。 綿ジャージ、短下着と長下着。
写真

ガーゼ、長下着と短下着。

夏の赤ちゃんなので、綿ジャージでは暑いかなぁとmakのお母さんは心配しています。ガーゼなどは季節もので、冬は生地やさんに売っていないそうです。

実際は、綿ジャージのほうが汗をすってくれるせいか、着心地がよさそうでした。

薄手の綿ジャージ、長下着。

郁実は、母乳っこのせいかうんちがゆるゆるで、短下着はおしりをカバーできず、危険でした・・・。ので、夏なのに長下着がいちばん活躍しました。

薄手の綿ジャージ、コンビ型。

車に乗せるときに、便利でした。おむつがずりずりしないので、おむつ替えに慣れたころには重宝しました。

   

綿ジャージ、コンビ型。

もう1枚、つくってもらいました。少し大きめにつくってくれたので、秋になったときにもこれだけは腕が入り、パジャマになりました(丈はまったくたりず、ひとつもスナップがとめられませんが)

   
 monthly count: 8 前のページに戻る