makとpenchanの保険、健康編

保険料を月に何万円もなんて、とても払う余裕はないし、幸い、貯蓄は自発的にできる性格なので、貯蓄と保険はまったく切り離して考えています。(結婚当初、貯蓄性の保険は得かなぁ、と綿密に計算してみましたが、損です)。

貯蓄性の保険ではないこと、きちんと食事して休息をとること、持ち家があることで、掛け金が安くすんでます。

それにしても、なにより家族仲良くやっていくのが大々大前提でした。お互いいろいろめいわくかけあったりもしちゃうけど、どんなときも、がんばって楽しい家庭をきづいていこうね。


1) 月々のの掛け金の推移(夫婦2人分)
  1人暮し   2,000円

全労済の国民共済だけ。makは入っていなかった、危ない

1997年度 結婚1年目   4,000円 全労済の国民共済だけ。とりあえず、すぐはいらなくちゃ
1998年度 結婚2年目
おうちを買って
5,000円 おうちを買ったので、makが万が一のときは住居ローンがなくなり、大きな安心です。その分保障が少なくて済み、掛け金も安くなって、助かります。いちおう、makの保証を増やしました。
1999年度 結婚3年目   7,340円 全労済の医療共済を足し、病気入院に備えました。penchanが入院すると、makだけでは日々の生活費がふくれあがるので、入院保障はpenchanが多め
2000年度
転職前
転職後
結婚4年目
出産予定に備えて、専業主婦になって
9,340円 住宅ローン完済予定の2012年までが、我が家で一番保証の必要なとき

子供がうまれて、転職もして

10,040円 転職で会社の福利厚生がなくなり、保険を見なおしました。かえってすっきりわかりやすくなったかも。専業主婦が妊娠・出産で倒れたら、ずいぶん出費増、入院保障をずっと増やすことにしました。
2001年度 結婚5年目 子供1歳 11,840円 年とともになかなか再婚を前提にできなくなってきたので、死亡保証がもう少し欲しいなぁ
今年度は2人とも30歳になるし、いろいろ検診もはじまる(乳がん・子宮がん)し、見つかってからでは増額できないから・・・と増額してしまいました。子供の力、おそるべし。
  今後の予定   1万円強 2005年までで住宅ローン完済予定となったけれど、年とともに、体もきつくなるなぁ、月々の掛け金も、1万円強よりは減らさないようにしよ〜


2) 現在の保障内容

 


1.入院保障

保障内容
mak penchan
通院、日額 交通事故 2,000円(1〜90日)(A)
2,000円(1〜90日)(B)
=4,000円
1,750円(1〜90日)(A)
2,000円(1〜90日)(B)
=3,750円
不慮の事故 2,000円(1〜90日)(B) 2,000円(1〜90日)(B)

病気やけがの入院前90日間分の通院

900円(30日分まで)(C) 1,500円(30日分まで)(C)
病気やけがの入院後180日間分の通院 900円(60日分まで)(C) 1,500円(60日分まで)(C)
入院、日額 交通事故

10,000円(5〜180日)(A)
6,000円(5〜180日)(B)
=16,000円

8,500円(5〜180日)(A)
6,000円(5〜180日)(B)
=14,500円

不慮の事故

6,000円(5〜180日)(A)
6,000円(5〜180日)(B)
=12,000円

5,000円(5〜180日)(A)
6,000円(5〜180日)(B)
=11,000円

病気

3,000円(5〜180日)(A)
6,000円(5〜180日)(B)
3,000円(5〜180日)(C)
=12,000円

2,250円(5〜180日)(A)
6,000円(5〜180日)(B)
5,000円(5〜180日)(C)
=13,250円

けが(って交通事故・不慮の事故の場合??)

3,000円(5〜180日)(C)

5,000円(5〜180日)(C)

入院、一時金 5日以上 24,000円(B) 24,000(B)
入院、一時金 270日以上 18万円(C) 30万円(C)
手術、一時金 12・6・3万円(C) 20・10・5万円(C)
女性特有の病気の手術なら6万円(B)
高度先進医療を受けた場合の技術料相当分  最高60万円(C) 最高100万円(C)

 


2.障害保障

保障内容
mak penchan

障害(1級・2級・3級〜14級)、一時金+年金

交通事故

住宅ローンを完済(D)
48万〜2,400万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=家+148万〜2,500万円

+
1級の場合の年金、
1,005,300円+231,400円(X)
1,750,100円+231,400円(Z)
=3.210,200円
2級の場合の年金、
804,200円+231,400円(X)
1,400,100円+231,400円(Z)
=2,667,100円
3級の場合の年金、
1,400,100円(Z)

40万〜1,800万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=140万〜1,900万円

+
1級の場合の年金、
1,005,300円+231,400円(X)
=1,236,700円
2級の場合の年金、
804,200円+231,400円(X)
=1,035,600円

不慮の事故

住宅ローンを完済(D)
32万〜1,600万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=家+132万〜1,700万円

+
1級の場合の年金、
1,005,300円+231,400円(X)
1,750,100円+231,400円(Z)
=3.210,200円
2級の場合の年金、
804,200円+231,400円(X)
1,400,100円+231,400円(Z)
=2,667,100円
3級の場合の年金、
1,400,100円(Z)

40万〜1,200万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=140万〜1,300万円

+
1級の場合の年金、
1,005,300円+231,400円(X)
=1,236,700円
2級の場合の年金、
804,200円+231,400円(X)
=1,035,600円

病気

住宅ローンを完済(D)
800万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=家+900万円

+
1級の場合の年金、
1,005,300円+231,400円(X)
1,750,100円+231,400円(Z)
=3.210,200円
2級の場合の年金、
804,200円+231,400円(X)
1,400,100円+231,400円(Z)
=2,667,100円
3級の場合の年金、
1,400,100円(Z)

600万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=700万円

+
1級の場合の年金、
1,005,300円+231,400円(X)
=1,236,700円
2級の場合の年金、
804,200円+231,400円(X)
=1,035,600円

重度障害認定後、6ヶ月以上常に介護を必要とする場合、一時金 けが、病気

800万円(A)

+
???障害手当金(Z)、
2,800,200円

600万円(A)
*国民年金分は、定額。厚生年金分は、子供ひとり、平均標準報酬月額655000円で計算した額。

3.死亡保障

保障内容
mak penchan
一時金+年金 交通事故

住宅ローンを完済(D)
2,400万円(A)
1,300万円くらい(E)
50万円(B)
50万円(C)
50万円(事故の日から180日以内に死亡した場合)(F)
=家+3,800万〜3,850万円

+
子供が18歳になるまで、年80,4200円+231,400円=1035,600円(X)
再婚するまで、年1,050,000円(Z)

1,800万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=1,900万円

 

建物火災

住宅ローンを完済(D)
1,300万円くらい(E)
1,600万円(A)??
50万円(B)??
50万円(C)??
50万円(事故の日から180日以内に死亡した場合)(F)
=家+3,000万〜3,050万円

+
子供が18歳になるまで、年80,4200円+231,400円=1035,600円(X)
再婚するまで、年1,050,000円(Z)
1,200万円(A)??
50万円(B)??
50万円(C)??
=1,300万円
不慮の事故

住宅ローンを完済(D)
1,300万円くらい(E)
1,600万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=家+3,000万円

+
子供が18歳になるまで、年80,4200円+231,400円=1035,600円(X)
再婚するまで、年1,050,000円(Z)

1,200万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=1,300万円
病気

住宅ローンを完済(D)
1,300万円くらい(E)
800万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=家+2,200万円

+
子供が18歳になるまで、年80,4200円+231,400円=1035,600円(X)
再婚するまで、年1,050,000円(Z)

600万円(A)
50万円(B)
50万円(C)
=700万円
*国民年金分は、定額。厚生年金分は、子供ひとり、平均標準報酬月額655000円で計算した額。

 

3) 入っている保険(アルファベットは上の表と対応)

A: 全労済の新こくみん共済 mak総合タイプ+総合プラス、penchan総合タイプ、月掛け金mak3,600円、penchan2,700円(任意、penchan名義)
B: 全労済の新こくみん共済 医療タイプ 月掛け金mak1,600円、penchan1,600円(任意、penchan名義)
C: 全労済の総合医療共済 月掛け金mak960円、penchan1,380円(任意、penchan名義)
D: 住宅ローン設定時に加入した団体信用生命保険(強制、一括、mak名義)
E: makの会社

F: 富士ファーストクラブ(交通事故障害保険(死亡保険)、おまけ、mak名義) おまけ
X: 国民年金 mak、
penchan
Z: 厚生年金 mak

4) 保険請求先(アルファベットは上の表と対応)

A、B: 043-242-0019(全労済千葉県本部共済事業課)
C: 029-227-6031(全労済茨城県本部)
D: 03-3861-5411(住宅ローンを借りている銀行支店の窓口)
E: makの会社

F: 0120-73-2219または03-3589-2219 (事故から30日以内に連絡)
X: 国民年金 makの会社または市役所

Z: 厚生年金 makの会社

おまけ) 年とったときの分 国民・厚生年金からの年金

  mak penchan
60歳まで払い込んで、65歳以上になったとき 老齢基礎年金 804,200円
老齢厚生年金 約290万円
老齢基礎年金 804,200円
(確実に足りないのはここ。この分をmakの死亡保障でカバーすることになるのでしょう)

 

[健康編 くるま編 おうち編 こども編]

homekakeimonthly count: 10