penchanとおうち > こども > 独立までにかかる費用

 結婚して、新しい生活に慣れて、赤ちゃんがくるまでまだ時間があるうちに、考えました。 私はずっと専業主婦で、お金より時間をかけてあげたい。小さいうちはお金はかけすぎない、大学はお金をかけてあげたい。それでどのくらい準備してあげられるかなぁ。
 基本的に、自分たちが親からしてもらった分を参考に考えたのだけれど・・・あらためて、親ってすごい・・・。


●出産後

母乳、布オムツの予定。もちろん食事もできあいのを与えるつもりはまったくなし。

母乳は、なんとしても母乳で育てるんだ、という気持ちが、あらかじめあり、中断しなければ、でるんだそうです。

貯金のしどきかな。

●幼稚園

毎日お弁当のところは近くに2つ。これがうちの基準。2年間の予定。

月5,000円で車の送り迎えも自分でするところと、月18,000円でミッション系のところが候補。どちらになるかはまだ未定。

貯金しながら、貯金を使うとき。

●小学校・中学校

近くの公立の予定。習い事等は、私はしすぎて忙しくてたまらなかった。いらないいらない。たいていのことは、makか私で教えてあげる。勉強も、みてあげる。

貯金のしどき。小学校卒業時には、住宅ローンが完済予定なので、その分は今後、そっくり教育資金として貯めます。

●高校

私立か国公立か。いずれにしても、実はいちばん高いのは交通費。

塾は特にいらないよ。自分で勉強できないくらいなら、大学行かなくていいんだから。

とはいえ、貯金はあまりできないとき。

●大学

makもpenchanも行った大学は、とてもとてもいい環境。自分の考えをしっかりもった、いい友達もたくさんできるし。男の子でも女の子でも、行きたくて、行ければ、行けるだけのお金を準備しておいてあげたい。

・入学金と4年間の授業料で600万円

・自立のために、自宅外通学のお金も・・・400万円

 (おこづかいは自分でアルバイトしてね)。

は、住宅ローン完済後に住居費をつもり貯金+ボーナスからも貯金してれば貯められます。

●その後

あとは、自分でやりなさ〜い!!

●おまけ:結婚

・100万円

●おまけ:家を買ったとき

・100万円




home 目次へ

monthly count: 12