penchanとアイロンかけ上達の悲話?

penchanがまだ小学生だったころ、おこづかいはすべて、働きに応じて、とい う、まことにいやな(子供にとってはいやな、親にとってはすばらしい)制度がわが 家にできたことがありました。これによると、アイロンかけは1枚100円。

小学生のしかも非力なpenchanにとって、アイロンかけというのは、異様なまでに大変な仕事でした。ところで、アイロンかけが1枚100円という相場が、あまりに低いものであったことを知ったのは、もっともっと、大きくなってからでした・・・。なんだか、だまされたーー。

でもおかげで、当時は1時間にワイシャツ3枚か4枚しかアイロンかけできなかった(しかも結構しわくちゃ)のが、今は1枚8分くらい、さらにコードレスアイロン、かけやすいアイロン台を導入することによって、1枚5分程度にまで短縮することができたのでした。つまり時給は350円(1枚100円として)から1500円(1枚150円として)にまでアップしたのです(仮定です、仮定)。


homesentakumonthly count: 5