penchanと1時間おそうじ
大掃除はどうしているの、というリクエストにお応えしてこのページをつくりました。penchanは、年末はなにかとせわしないので、なるべく普段にふりわけることにしてます。ちょっとでできるおそうじは普段にして、ちょっと時間のかかるおそうじは、一応一年に3回設定している(ゴールデンウィークの4月後半から5月前半、7・8月、12月の計4ヶ月)大掃除強化期間にわけてすることにしています。ひとによって違うと思うけど、私の場合は、1回に1時間くらいが楽しくおそうじをつづけるのにいい時間です。

お掃除強化期間の内容(だいたいこのくらいかなぁ)

換気扇(大型)そうじ 揚げ物をよくするので、1月に一回、網の部分を、2月に一回は中の大きな羽の部分をします。この頻度だと、石けんだけで十分おそうじできます。もちろん、換気扇用のフィルターも必要ないし、外注する必要もなしです。最初、もし汚れていたら、少しずつ改善していけばいいや、とでも思って、しだいにおそうじ回数を増やしていくようにするとよいかも。
フローリング
のワックスかけ
わがやでは、1時間x2回必要です。1時間はいつくばっていると、けっこうな運動量です・・・ でも、とってもきれいになるので、気持ちいいです。 いまのところ、合成洗剤のフローリング用剤を使っていますが、近いうちに見直しの予定。
窓ふきと網戸ふき 春風がやんだころと、夏と、秋の台風が終わったころにします。まずサンのところを小さなブラシでそうじしておきます。バケツにお風呂の残り湯を入れ、ぞうきんを使って水ふき、丸めた新聞紙でからぶきします。新聞紙でぴかぴかにしようと苦戦すよりも、さっとして、年間のそうじ回数をふやすほうがいいみたい。網戸は、力をいれすぎないようにぞうきんで水ふきします。 わがやでは、ベランダ側の窓5枚と網戸2枚で、約1時間です。
ぞうきんをぬう 年末にその年の古いタオルをつかって20枚くらいつくります。こうしておくと、翌年のおそうじが楽しくなります
冷蔵庫内の棚ふき 引出しひとつづつ、ぼちぼちとやります。もちろん、普段から、冷蔵庫内が整理整頓されていることと、汚れないように、ビンなどの底を普段からふいたり、おとうふのケースなどを下敷きにしておくことが大切です。○○のたれなどが一切なく、冷蔵庫は調理の途中に使うためにスペースをあけてあれば、簡単です。
玄関側の外回り ここは、12月に、団地内全員でいっせいに自分の家の前をします。みな、自分たちの大事な家だから、一生懸命お掃除してます。ろうかの壁とか、デッキブラシがあると簡単です。ついでに、玄関側の窓や網戸、扉などもしっかりお掃除します。
おふろのエプロン
の中のそうじ
ここはmakのお仕事。ちゃんとやってね〜。
車のおそうじ ここは土日にmakとふたりでするのでした。けっこう、マットをはたはたとたたくだけだったりする・・・。 窓ガラスくらいはみがきますが、ここはまだ改善の余地、大ありです。

HOMEpenchanのおそうじぴかぴかmonthly count: 11